悩み

更年期障害を改善する【ココロと身体の安定剤】

更年期で注意したいこと

ホルモンバランスが原因

笑顔

更年期障害は閉経前後の女性に多く見られる症状です。女性ホルモンの急激な減少により様々な症状を引き起こします。頭痛や吐き気や全身疲労、火照りやのぼせなどの身体に出る症状もあれば、鬱症状、摂食障害、睡眠障害などの精神的な症状も出ることがあります。個人差がありますので、一概に定義することはできません。必ずしもこのような症状が出たからと言って更年期障害とは限りません。別の病が潜んでいる可能性もありますので、症状が重い場合は病院で見てもらった方が良いでしょう。更年期障害はそのままにしても自然に治ることが多いのですが、周りに影響を及ぼしてしまうほど症状が重い場合は治療が必要です。ホルモン剤などを投与することもあります。

我慢は禁物

更年期障害は症状の度合いは人それぞれですが、女性なら誰しもが通る道と行って良いでしょう。症状が重く周りに当たってしまったり、自分で自分を責めすぎて精神的に不安定になってしまったら、我慢せずに病院へ行きましょう。薬を飲めば症状も収まります。薬には少なからず副作用がありますので、その症状なども把握した上で治療を行いましょう。女性に多い更年期障害ですが、近年では男性でも更年期障害の症状が出るケースもありますので、男性の方も油断は禁物です。短期間で症状が治まる方もいれば、長期に渡って症状が出続ける方もいます。薬には抵抗あるというひとは漢方などを取り入れても良いかもしれません。漢方はリスクや副作用がほとんどないので安心して摂取できるでしょう。

更年期と正しく向き合う

笑顔

多くの人が経験する更年期障害。それは決して特別なことでも、恥ずかしいことでもありません。まずは病院を受診し、自分の身体と向き合うことが大切です。更年期障害の症状に当てはまるからと、自己判断は禁物。別の病気が隠れているかも知れません。更年期障害を正しく理解し、ポジティブに乗り越えていきたいものです。

詳しくはコチラ

更年期は無理をしない

笑顔

更年期障害を抱える女性は、慢性疲労を抱えやすい傾向にあります。慢性疲労改善のために、リラックスできる環境づくりや病院での治療を連携させることが大切です。治療は自分に合った方法を選びましょう。

詳しくはコチラ

健康が一番大事

笑顔

自律神経系更年期障害も症状がひどくなると内科にかかりますが、社会ストレスによる憂鬱状態が続き脳神経外科や精神科の受診が必要な場合もあります。最近では、こうした更年期障害に精神疾患が相乗し、症状が非常に複雑になってきています。

詳しくはコチラ